英語で鑑賞:Just Add Magic : Season1-5 Just Add Jake

英語字幕での不明点 ネタバレ注意

Kellyが魔法のレシピ本が見つからず焦る
・Okay, well, I assume you’re gonna put this all away when you’re done?
 assume ~:~と想定・推測する  put away:片付ける

Hannahが学校に新しいピアノを入れてもらうためのディベート代表になる
・Okay, people, take your seats and open your minds.
 open mind:聞いて

The Booster Club has identified two under funded clubs to compete for the chance to win new equipment.
 booster club:後援会  identify:確認する、特定する
 under funded:資金不足の

・Two student finalists will deliver speeches, and debate each other, until finally, the school votes for the winner.
 deliver a speech:スピーチをする

Join me in congratulating our very own, Seth and Hannah.
 one’s very own:~自身の
 Join me in congratulating our very own:グループやコミュニティ内の誰かを称えたり、祝福したりする表現

・Hannah represents the Music Club, and their quest for a new piano.
 quest:追求

本を持っていないかJakeに尋ねて不快にさせる
・A speech in front of the entire school? I get stage fright ordering my lunch.
 get stage fright:あがる、緊張する
 stage fright:人前であがること

・but a robot can’t make you feel as deeply as a song can.
 feel deeply:深く心を動かされる

・As soon as I deliver him one of my famous five cheese Rock-n-Roll Ups.
 roll-up:ラップサンド

・There’s a half off discount for friends.
 half off:半額の

・I can’t talk to people who don’t trust me. I’m outta here.
 outta:外へ  I’m outta here.:もう行くよ ※outta = out of

・We really need an inside man.
 inside man:潜入者

Hannaのスピーチ練習中にKellyが本から破られたページを思い出す
・You really need to jazz this up.
 jazz up:派手にする

・That’s what you’re up against.
 up against:直面して、ぶつかって

・Do you think I used too many stats on pages 6, 7, and 8.
 stats:= statistics 統計値

3人が魔法のチェダービスケットを作る
・I don’t want to eat anything that could sabotage my speech.
 sabotage:サボタージュ(妨害工作)[sǽbətɑ̀ʒ]

・-These cheddar biscuits call for Carnejian Cayenne. Isn’t that one of the spices we have in Grandma’s stash?
Good eye, Darbie.
 cayenne:カイエン  stash:隠してあるもの
 good eye:観察力や洞察力を持つ人に対して使用される褒めの言葉。特に、他の人が見落とすような細かいディテールや重要な情報に気づく能力を持っていること。

I really felt it that time.
 I really felt it that time.:非常に感動したという表現

Hannaが、シルヴァースさんが凄いピアニストだったことを知る
・Oh, and good job making the Booster finals.
 booster final:競技やイベントの最終ラウンド  make:進出する

・He also said that the piano hasn’t been replaced since I went to school there, and it was old back then,
 back then:その当時、あの時

・It’s such a shame. She could have been one of the greats.
 the great:偉大な人

Hannaのスピーチ対決中にKellyが魔法のせいでブチ切れる
・So, in conclusion, to quote Steve, “Let’s get out there and put a ding in the universe."
 ding:へこみ

Up next to speak for the Music Club, is Hannah Parker Kent.
 up next to speak:次に話す番は(イベントや会議で使われる表現)

・Come on, people! You can do better than that. Give it up for my friend!
 give it up for ~:~に拍手する

・Wow. You’re kinda hulkin’ out right now.
 hulk out:ハルク化する

ビスケットを食べたJakeも魔法でキレまくる
・You want your money back? You only ate half of it. No substitutions. This is a bike.
 substitution:置き換え、代用品

・I’ve been working too hard. And I just need to blow off steam.
 blow off steam:憂さを晴らす、ストレスを解消する

Kellyの祖母が医者から戻ってくる
・-How was the doctor’s today? -Another dead end.
 dead end:行き止まり

・It’s me. Get over here now.
 get over here:こっちに来て

KellyとDarbieが作った魔法のオルチャータをHannahが飲んでしまう
・Now I see why they call this Noteworthy. This horchata smells amazing.
 noteworthy:注目に値する  horchata:オルチャータ(スペインの飲み物)

・I think my throat’s swelling up.
 swell up:腫れる、むくむ

ディベート中、Hannahの語りが歌になってしまう
・Music makes us happy and it feeds our souls
 feed ~:~を楽しませる

・Seth, rebuttal.
 rebuttal:反論、反証 [ribʌ́təl]

・ ♪ Oh, you’ve forgotten how to feel underneath all the steel
 underneath ~:~の下に

KellyがJakeに魔法のマンゴーバーを食べてもらう
・You’re my best shot at getting it back, and I’m desperate.
 best shot:最善の策

魔法効果でKellyが嫌がられJakeは好かれる
・Everyone’s attracted to you and repelled by me.
 be repelled by ~:~に嫌悪感を抱く

・People don’t want to come near me. I think I’m repulsive.
 repulsive:ひどく不快な

・I love my Grandma and I wanted to save her, but you and Darbie are just as important.
 just as important:同じくらい重要である

勝敗が決まり、Hannahは負けたがピアノが贈られる
・It was a tight race. And our two club advocates should feel proud.
 advocate:主張者

 
  

感想など  ネタバレ注意

今回作ったレシピ

Off Your Chest Cheddar Biscuits:(自作:うっぱん晴らしの)チェダービスケット
Noteworthy Horchata:注目されるオルチャータ
なんとか Mango Bar:日本語ナシ

今回の3つのレシピは、本から破り取られたページなので、1番目と3番目のレシピの名前が分からなかった。

最初に作ったチェダービスケットは、レシピのタイトル部分が一部破けていて、「Cheddar Biscuits」の文字の前の部分がちょっとしか読めなかったけれど、たぶん「Off your chest」と書かれているんじゃないかと思った。
で、勝手に「うっぷん晴らしの」と付けてみた。
いつも日本語で付けた名前が上手で関心しているけれど、自分で付けてみるのも面白い。
食べた後のKellyのあの爆発っぷりは(とても面白かった)、ビスケットに入れたカイエンペッパーからなんでしょう。

3つ目のバーは、具体的な名前がセリフ中にない上に、Kellyが一瞬見るページのタイトル部分が薄かったり消えていたりで読めず、映像から推測した。
「なんとか・なんとか・Bar」なのは一応分かり、真ん中の「なんとか」が「M???o」のように見えたので、そんな単語はあるかとchatGPTに尋ねて挙げてもらったら、挙がった単語の一つに「Mango」があり、「そっかぁ!」と分かった。
でもよく考えると、これって5文字の英単語当てなんだから、まさに毎日遊んでいる無料ブラウザゲーム「WORDLE」と同じじゃないですか。
自分で考えればよかった。やっぱりAIがあると頼っちゃってダメだね!

言われてみれば、Kellyが作成中に使っているミキサーの中の黄色い物体はマンゴーに違いない。
その後Jakeに食べてもらうシーンで、彼が「Fruit Bar」って言ってるしね。
でもその前の単語はどうしても読めないので諦めた。

そんな感じで、今回も大変だったけれど楽しかった。