英語で鑑賞:Just Add Magic : Season2-5 Just Add Saphrön

英語字幕での不明点 ネタバレ注意

Kellyのママが車のスピード制限嘆願署名を提出しに行く
・Let’s see them try to reject my stop sign now. Though I’d settle for a speed bump.
 settle for ~:(不満足ながら)~でよしとする

Chuckが魔法本を盗もうとした件を3人が話し合う
As much as I’d love to hang around, and discuss 1965 lost boy, or whatever he is, I have to go meet my dad’s new–
 as much as ~:~ではあるが

・I hear the chef massages her ingredients.
 直訳「シェフは材料をマッサージする」で、なんと日本語字幕もそうなっていた!が、chatGPTによると「これは比喩的な表現で、シェフが注意深く材料の質や風味を引き出し、最高の料理を提供するために努力していること

JakeがママPと喧嘩しながら店を辞めて去る
・- Seriously? That woman is a hack. – Takes one to know one.
 hack:(ハッカーだが、ここでは)能力や専門知識がない
 (It) takes one to know one.:自分だってそうだ、あなたに言われたくない

Darbieが父とその彼女Amyと共に新しいレストランに食事に来る
・- BRB. – Darbie. Manners. -Excuse me. I’ll be right back.
 BRB:= be right back

レストランでChuckが父に取り入るのをKellyが阻止しようとする
・I don’t think that’s a good idea. I mean, you know, nepotism and all.
 nepotism:身内びいき [népətìzəm]

・Nonsense, honey. It’s so nice to meet a kid with such a good work ethic.
 work ethic:労働倫理

・- your dad asked me to lunch. Is that a crime? – Knowing you, probably.
 Knowing you:あなたなら

Hannahがシルヴァースさんと嘘を見破れるレシピを探す
・We need something that will allow Mr. Quinn to see through Chuck’s lies.
 see through:見破る

・"Lemon Lie-m Mints." Oh, “lie-m," as in lie, as in lie detector test.
 lie-detector test:うそ発見器

・- Whose handwriting do you think this is? – Oh, you have excellent cursive.
 cursive:筆記体

AmyがDarbieと仲良くなろうと会話する
・Between you and me, the grilled cheese was the way to go.
 ~ is the way to go:~がベストである

・- “Exodus to Moonbai" is my favorite book. – Mine, too. I’ve read it five times. I love the part where they end up
 end up ~:結局~と分かる

魔法のミントを作り終えたシルヴァースさんがChuckについて語る
・- I always thought of lemons as being sour. But that smells sweet. – It is sweet. It’s a Meyer lemon.
 Mayer lemon:メイヤーレモン(酸味の少ないレモンの品種)

・- Chuck appears to be a manipulative liar. – Underneath the leather jacket, there’s an old soul, and, believe it or not, a sensitivity.
 manipulative:思い通りに操る

・- He was definitely using me. – Still, you can’t fake everything.
 fake ~:~をごまかす、~のふりをする

Jakeがレストランの仕事の面接を受ける
・- I like to hire people who like to grow here at Saphrön. People who understand the gentle grace of slow food. – Gentle grace is my middle name.
 grace:優雅さ、上品さ、寛大さ
 middle name:(ミドルネームとして付けてもいいほどの)特徴的な個性、大好きで得意なこと

魔法のミントを食べたKellyの父がChuckの嘘を見破る
・- I think it’s really, really nice that you want to make money to help your Aunt Gina out. – She means the world to me.
 mean the world:かけがえのない人・もの

・- I’ve got a lot of work to do. Maybe some other time. – Okay. That’s legit.
 That’s legit.:その通りだ、もっともだ(legitimateの省略形)

Jakeもシェフの嘘を見破り自分から仕事を断る
・I may believe in the art of slow cooking, but I also believe in fast-tracking young talent.
 in the art of ~:~の技術  fast-tracking:出世コースの

・There’s nothing I want more than for my mentees to share their ideas, and to flourish.
 mentee:助言者の指導を受けている者(「mentorがいる人」という意味で、20世紀半ばにmentorから作られた言葉)
 flourish:花開く、活躍する

Darbieの父もAmyの嘘を見破るがかえって良い結果となる
・You don’t have to put on an act for me. Camping’s not for everyone.
 put on an act:ふりをする、見せかける

JakeがママPの店でまた働くことにする
・- As despicable as you can be, you’ve been fair. – I can live with that.
 despicable:身下げはてた、いけ好かない
 I can live with that.:それなら我慢できる

・- I looked up to you. – I hope I can make it up to you someday.
 look up to ~:~を尊敬する
 make it up to ~:~の埋め合わせをする、やり直す

 
  

感想など  ネタバレ注意

今回作ったレシピ

Lemon Lie-m Mints:レモン・ライエム・ミント

今回のエピソードは、過去観た中で一番聴きとりやすくて、初回の英語音声onlyでたぶん85%くらい?聴きとれた。
嬉しくなって、なんとか100%にしたくて2回、3回と挑戦し、観直すたびに一言二言「あ、分かった」という発見があった。
どうしてそうなるのか不思議。

最終的に100%には出来なかったけれど、字幕で確認していくと、今回は難しい語彙や表現がほとんどなかったことが分かった。
でもやっぱりKellyの「nepotism(身内びいき)」なんて言うのは、語彙を知らないんだから何回聴いてもそりゃ無理だった。
あとは、KellyとDarbieの会話で新しいレストランのことを

“I hear the chef massages her ingredients."

と言っているのは、「シェフがマッサージする・・・・???」と意味不明だった。後で調べて納得。
レストランのシェフとのジョブ面接で言ったJakeの

“Gentle grace is my middle name."

も、「Jakeのミドルネームが『gentle grace・・・???」

と、同様。

でも聴きとろうとして何度も繰り返したシーンを、字幕を見て「そっか!」と理解し、知ってから聴き直すと本当にそう言っているのが分かるというのは面白いし勉強になる。

他にも、今回は主役3人よりも他の人たちがいい味を出していたという印象だった。
優等生を装いつつKellyたちには澄まし顔を見せるChuckも良かったし、相変わらずふてぶてしくユーモラスなママPもいいし、地に足が付いているしっかり者のJakeも好印象。
でも一番はシルヴァースさん。
Hannahとお菓子を作っている時の優しい表情もいいけれど、最も良かったのはChuckに対する見方。

“I like to think we all have good inside us."

うーん、見習いたい・・・。