英語で鑑賞:Just Add Magic : Season2-13 Just Add Rose

英語字幕での不明点 ネタバレ注意

Hannahが魔法本に取り込まれ始め調子がおかしくなる
・- How do you explain my sudden dizziness, then? And I’m cold. – You always think you’re coming down with something.
 come down with ~:病気にかかる

・Last week, you were convinced you had scurvy from your lack of vitamin C.
 scurvy:壊血病

・- The book must have a recipe to help us. – You want to do the honors?
 do the honors:ホストの役を務める

Chuckが誰で目的は何か探ることにする
・He put Rose in the book, and now Hannah. We’re way past the why.
 past:過ぎた

・Hannah needs to lie down. She doesn’t look too good. And her hearing keeps going in and out.
 go in and out:出たり入ったりする

・- Uh, at least she doesn’t have to go to her new school. Sorry. I crack jokes when I’m nervous.
 crack a joke:冗談を言う

祖母とシルヴァースさんが街の歴史を調べに行く
・Luckily, the family will stipulated that the land couldn’t be developed on.
 stipulate:条件として要求する

元に戻ったJakeとママPが心温まる会話をする
・- So you don’t remember anything? – No. One minute I was in Lavender Heights on a delivery, I turned around and saw Chuck, and he was giving me one of his creepy little smiles.
 one minute ~:1分前には~

・- I hope I didn’t miss much while I was away. – Oh, it was just the same old same old. Except for a very nice lunch at Le Grande Falls.
 the same old same old:いつもと同じ

・- Wow. Thanks. I guess. What was the occasion? – There wasn’t one. I just wanted to do something nice.
 occasion:理由

Roseの記憶を見るため3人が魔法のマシュマロを作る
・- What about this? – Memory 'Mallows. You know I love marshmallows.
 mallow:ゼニアオイ
 marshmallow:マシュマロ(もとはウスベニタチアオイの根の樹液から作った)[mɑ́rʃmèlo]

KellyとDarbieがマシュマロを食べる
・It’s funny how I was so worried about going to a new school, but going into a book really puts that in perspective.
 put ~ in perspective:広い視野で~を見る

二人がRoseの記憶(Chuckが作ったパイを食べて本に取り込まれる)を見る
・- Maybe the magic isn’t ours to keep. – The book chose us for a reason. It’s our destiny.
 be to keep:保持することになっている、保持するように決められている

・We must insure it remains in our possession for all time.
 insure ~:~を確実にする
 possession:所有、所持

祖母とシルヴァースさんが古い新聞でRoseの失踪事件を見つける
・I’ve lived here my whole life, and never appreciated the history of Saffron Falls.
 appreciate:理解する

・I’m sorry I used my morbium to break up our trio. It was selfish. I’ve spend 50 years trying to rationalize it, but it was just wrong.
 rationalize ~を:~を正当化する

・"Rose Peizer, the daughter of real estate tycoon Joseph Peizer, disappeared from the family estate yesterday afternoon."
 tycoon:財界の大物、実業家

・"None of the house staff recall anything untoward or suspicious."
 untoward:不吉な、予期もしない

・"Rose was happily playing outside, and when he went to retrieve her, she was gone."
 retrieve:取り戻す

Hannahが夢の中で旅人(守護者?)から話を聞く
・There’s no need to whisper. Her hearing is shot.
 shot:ダメになった

・- But… I have to. – You cannot. Resist at all cost.
 at all cost:いかなる犠牲を払っても

KellyとDarbieがChuckの魔法にマルベリーが必要なことに気付く
・- But why is Hannah dreaming about mulberries? – Maybe the magic makes her crave it.
 crave ~:~を切望する

Chuckが最終準備をしているところへ皆が駆けつける
・Almost there, Hannah. Hang tight.
 hang tight:どっしりと腰を据えて待つ

・You’re never gonna get away with this.
 get away with ~:(悪いことをしたのに)逃げ切る、ただで済む

・Come on, we can take him, he’s scrawny.
 scrawny:ガリガリに痩せこけた

・- I actually think all three of you are groovy. – I’ve changed my mind on bringing that word back.
  bring back:復活させる

Chuckの人間性が戻り不死の魔法が解ける
・One final step. Carving our initials into the crust.
 crust:パイ皮

 
  

感想など  ネタバレ注意

今回作ったレシピ

Memory 'Mallows:思い出マシュマロ

ついに、シーズン2前半の最終話!
ChuckとRoseが兄と妹だ、というくらいはまぁ既に分かっちゃっていたけれど、Chuckの行動の理由は思いつかなかったので、今回の話で全容が明らかになったので色々「へ~」だった。
おおよそのセリフはかなり聴きとれたけれど、その肝心のChuckの魂胆部分については、皆のセリフが早口なので残念ながらよく理解できなかった。
後で英語字幕解読でやっとどういうことだったのか分かった。

これまでのChuckの謎が全て解け、ハッピーエンドとなって良かった良かった。
妹はビクトリアン風なのに兄はやたらと現代っ子っぽいとか、本人の記憶を見ているのになぜか第3者からの視点とか、最後の山場でなぜかママPが全く出てこないとか(撮影スケジュールが合わなかった?)、いくつか気になる点はあったのも、これまた楽しむ要素だった。
マシュマロ作りなんて初めて見たし。

英語に関してもいくつか。
まず、本の中のRoseのことを話すときによく出てきた “drawing"
日本語的に「ドローイング」だと思っていたので、ここ数話で何度も出てきたこの単語が、聴いてもそれだと分からなかった。
皆は「ドラウイング」という感じで発音していた。

次に、Roseが兄に “Maybe the magic isn’t ours to keep." というセリフ。
直訳だと「魔法は私たちのものであるべきではないかもしれない」、amazonの日本語訳では「魔法はもうやめよう」。
「be ~ to keep」の用法がピンとこなくて、chatGPTに解説してもらったり例文を作ってもらったりした。
でも今でもどうも分かりづらい。

最後に、魔法で弱っているHannahがChuckに恨みがましく言う “You’re never gonna get away with this."
“get away with"((悪いことをしたのに)逃げ切る、ただで済む)を見て、「おっ!」と思った。
大好きなドラマ “How to Get Away with Murder" (殺人を無罪にする方法)じゃないですか!
まさに、どうやって殺人から上手く逃げ切るかが面白いドラマだった。

さて、今回も映画にはチャレンジせず、すぐ次のエピソードに入ろう。
先が早く観たいから。